Wi-Fiレンタル

海外に旅行に行く際に、より旅行を楽しみたいという人や誰かに共感してほしいと思う人も多く、旅行先で写真をSNSにUPする人も増えてきています。
旅行先が日本国内ならSNSに投稿するなどしてもそれほど通信料はかかりませんが、旅行先が海外になるとSNSを開くだけで、結構な料金がかかってしまうことがあります。
そんな時、持っていると便利なのが海外用のWi-Fiルーターです。
海外用Wi-Fiルーターは、レンタルが主になります。
海外用Wi-Fiルーターは使う地域によってレンタル料も変わってきます。
日本から近いアジア圏で使えるWi-Fiルーターのレンタル料金は安く、アメリカやヨーロッパなど日本から距離の遠い国ではアジア圏用と比べると高いです。

また、Wi-Fiルーターを日本でレンタルするという方法以外にも、旅行先の海外で直接借りるという方法もあります。
現地で直接Wi-Fiルーターを借りる方法としては、空港で借りるという方法が主になってきます。
空港で借りる場合は、パスポートなどの身分証明証の提示と個人情報の記入などをしなくてはなりません。
また、レンタルする際に何日間レンタルするのかも記入しなくてはならないことがあります。

アメリカのWi-Fi

海外出張でWi-Fiを使う機会がたくさんあるという人もいると思います。
日本に比べるとアメリカは、無料Wi-Fiスポットが多く、大規模な遊園地やショッピングセンターなど人が多く集まる場所では、必ずと言っていいほど無料でWi-Fiが開放されており、誰でも使えるということが多いです。

Wi-Fiを利用できる場所は、遊園地など遊ぶところだけではなく、長距離バスでもWi-Fiが設置されているなど日本よりもWi-Fi環境が整っていると言えます。
日本でもアメリカのように無料でWi-Fiを使えるホテルも増えてきています。
アメリカでは、Wi-Fiを利用し、個人情報やキャッシュ番号などを盗むといったネット犯罪も増えてきているため、そういった犯罪を防止するために無料Wi-Fiではなく有料Wi-Fiを設置しているホテルも多いです。

有料のWi-Fi以外にも個人情報を登録する事で、無料でWi-Fiの利用が可能になるホテルもあります。
このように個人情報を入力する事で、Wi-Fi利用が可能になるのは、アメリカのホテルだけでなくイギリスなどのヨーロッパでそういった手法をとるホテルが多いです。
また、Wi-Fiの無料開放は、日本だけでなく韓国や台湾といったアジア圏でも徐々に広がりつつあります。
特に韓国は日本よりもスマートフォンが国民の間で浸透しており、無料Wi-Fiを使える場所もたくさんあります。

海外でWi-Fiを利用

Wi-Fiはスマートフォンやタブレット、そのほかPCを使ってインターネットに接続する時に便利な存在です。
今では公共機関や飲食店、コンビニなどあらゆる場所に無料Wi-Fiスポットが設置されている事があります。
当サイトではWi-Fiに関する情報を紹介しています。

日本では、飲食店や空港、コンビニに無料で利用できるWi-Fiスポットが配置されています
通信量を気にされる場合、このようなスポットがあった方が快適にインターネットを利用できますし、制限を気にする必要がないので安心です。
日本では無料のスポットが多いのに対し、アメリカでは有料で利用できるスポットが多い特徴があります。
これは、フリースポットは多くの方が接続して利用する反面、個人情報の流出の問題も隠れているのです。
そのために、有料版を設置しているホテルなども多くなってきています。

さらに、海外に行く時にWi-Fiを利用したいと考えられている場合いは、レンタルルーターを用意されるのが安心です。
日本でレンタルしてから海外に持って行くという事も出来ますが、旅先で借りて、帰国する際に返却するという方法もあります。
もちろん、フリースポットなどを利用してWi-Fiを使うのも良いのですが、やはり個人情報が流出してしまうリスクを考慮すると、自分しか使えないルーターを用意した方が安心と言えます。
当サイトではこれらのような、海外で利用するWi-Fiについて紹介しています。
興味がある方はぜひ、チェックされてみてはいかがでしょうか。