アメリカのWi-Fi

海外出張でWi-Fiを使う機会がたくさんあるという人もいると思います。
日本に比べるとアメリカは、無料Wi-Fiスポットが多く、大規模な遊園地やショッピングセンターなど人が多く集まる場所では、必ずと言っていいほど無料でWi-Fiが開放されており、誰でも使えるということが多いです。

Wi-Fiを利用できる場所は、遊園地など遊ぶところだけではなく、長距離バスでもWi-Fiが設置されているなど日本よりもWi-Fi環境が整っていると言えます。
日本でもアメリカのように無料でWi-Fiを使えるホテルも増えてきています。
アメリカでは、Wi-Fiを利用し、個人情報やキャッシュ番号などを盗むといったネット犯罪も増えてきているため、そういった犯罪を防止するために無料Wi-Fiではなく有料Wi-Fiを設置しているホテルも多いです。

有料のWi-Fi以外にも個人情報を登録する事で、無料でWi-Fiの利用が可能になるホテルもあります。
このように個人情報を入力する事で、Wi-Fi利用が可能になるのは、アメリカのホテルだけでなくイギリスなどのヨーロッパでそういった手法をとるホテルが多いです。
また、Wi-Fiの無料開放は、日本だけでなく韓国や台湾といったアジア圏でも徐々に広がりつつあります。
特に韓国は日本よりもスマートフォンが国民の間で浸透しており、無料Wi-Fiを使える場所もたくさんあります。